【危険】40代独身女性必見!ストレス性胃腸炎の治し方

感情を捨てる
スポンサーリンク

こんにちは。Manami@ソロライフニストです。

私は独身女性の生き方・働き方をテーマに、ストレスを捨てる生き方とおうちで稼ぐ働き方について発信している独女(毒女)ブロガー。

またフォロワー3.8万超のインスタグラマーとしても活動をしています。

Manami@ソロライフニスト インスタアカウント

 

ストレスを捨てる生き方に必要なのは、

要らない感情・時間・人間関係の3つを捨てる力!

 

この3つを捨てることで人生を豊かにする方法が

Manami@ソロライフニストのオリジナルノウハウである「ソロライフメソッド」です。

>>ソロライフメソッドについてはこちらの記事をご覧ください

 

こちらの記事では、

【危険】ストレス性胃腸炎の治し方について

ご紹介します。

 

ストレスで胃が痛い!

お腹がゆるいことが多い!など

ストレスがお腹にきちゃっている方は参考にしてください。

 

【危険】ストレス性胃腸炎の治し方

ストレス性胃腸炎の治し方は、たったひとつ。

 

原因となっているストレスを捨てることです。

 

なぜかというと、胃腸薬を飲んでも一時しのぎにすぎず

他のことで紛らわせても根本的な解決にはならず

 

結局、ずーっとわずらわされることになるからです。

 

そんなことわかってる!

と思うかもしれませんね。

 

そもそも、あなたは

胃腸炎が起こすほどのストレスの原因が

わかっていますか?

 

意外と本人がわかっていないケースもあると思うんです。

 

ですから、まずは原因をつきとめること

そして、すっぱりきっぱりと捨てること

 

これしか胃腸炎から解放される方法はありません!

 

ストレス性胃腸炎で悩まされた経験

私は過去、ストレス性胃腸炎に悩まされていたことがあります。

しかも、中学生の頃に!です。

 

3年生の1年間、

ずーっと胃が痛くて胃が痛くなかった日はありませんでした。

しかも、たまに胃痙攣まで起こしていた始末。

 

もちろん、当時はなぜ胃が毎日痛いのか?わからず

胃薬飲んだり、整腸剤を飲んだり。

 

両親からは盲腸じゃないかと疑われ、

病院に行ったこともありました。

 

が、結局、原因はわからずしまい。

 

しかし、ある時期を境にピタッと無くなりました。

それは「高校受験」でした。

 

私は、高校受験というストレスで

1年間胃腸炎に悩まされていたんです。

 

もちろん、当時は全然わかりませんでした。

 

ストレスなんて言葉もさほど一般的ではなかったし、

そもそも子供が感じることじゃないと思っていたからです。

 

なので、気付いたのは数年経ってからのこと。

 

そうか、あれは高校受験というストレスからくる

ストレス性胃腸炎だったんだ、と

ストレスの原因に気付いたんです。

 

胃腸炎から解放されるには、まず原因をつきとめること。

それから捨てるためにどうしたらいいのか?を考えることです。

 

【結論】ストレス性胃腸炎の治し方はひとつだけ

ストレス性胃腸炎の治し方はひとつ

ストレスの元を断つことしかありません

 

他のことではその場しのぎになるだけで、

絶対に解決にはなりません。

 

ストレスは

これがストレスだ!とわかっていることもあれば

体の不調の方が先に現れてしまい、なんでなんだ?と

さらに悩んでしまうこともあります。

 

不安にさいなまれることもまた、ストレスになります。

 

しかも、体の不調の方が最悪で、

ヘタをすると治らないケースもあります。

 

私のバセドウ病のようにね。

 

どちらにしても、

ストレスの原因は自分にしかわかりません

 

そして、

捨てることも自分にしか出来ません

他の誰もやってくれません。

 

私も高校受験というプレッシャーが原因だったんだとわかっていたら

1年も辛い毎日を過ごすことは無かったと思うんです。

 

私のように後悔することがありませんように。

 

ストレスの元は、

さっさとずばっと捨てちゃいましょう!

 

ではこの記事はこの辺で。

 

 

ぐっすり眠ることもストレス軽減には大切!

おすすめのサプリメントについてお試しレビュー書いてます↓

【口コミ】40代女性におすすめの目覚めがすっきりするサプリメント「ぐっすりずむ」をお試し

 

タイトルとURLをコピーしました