【警鐘】コロナウィルスが猛威を振るっている今、美容整形をすることに潜む3つの危険

Thinking
スポンサーリンク

こんにちは。Manami@ソロライフニストです。

私は独身女性の生き方・働き方をテーマに、ストレスを捨てる生き方とおうちで稼ぐ働き方について発信している独女(毒女)ブロガー。

またフォロワー3.9万超のインスタグラマーとしても活動をしています。

Manami@ソロライフニスト インスタアカウント

 

 

コロナウィルスが猛威を振るっている中

美容整形外科へ行く人が多いと聞きます。

 

人に会わない時に美容整形をして

ダウンタイムを自宅でやり過ごし

 

外出解禁になってから人前に出たい

という意識なのだと思いますが

 

果たして、危険はないのでしょうか?

 

 

こちらの記事では私が思う

【警鐘】コロナウィルスが猛威を振るっている今、

美容整形をすることに潜む3つの危険

についてご紹介します。

 

 

美容整形外科へ行くことを検討している

美容整形外科へ行かずにキレイになる方法を知りたい

という方は参考にしてください。

 

コロナウィルスが猛威を振るっている今、美容整形をすることに潜む3つの危険

コロナウィルスが猛威を振るっている今、

美容整形をすることに潜む3つの危険とは

 

✔移動中の飛沫感染

✔施術中の感染

✔外出解禁後の人からの目線

です。

 

 

✔移動中の飛沫感染

コロナウィルスは風邪です。

風邪は飛沫感染します。

 

徒歩圏内に美容整形外科があるなら

危険度は下がりますが、

 

大抵の美容整形外科は街中にあります。

都会と言われる場所にあります。

 

つまり、電車やバスといった

公共交通機関やタクシーで

移動することになります。

 

果たしてその途中で

飛沫感染しないと

言い切れるのでしょうか?

 

そもそも不要不急の外出自粛は

飛沫感染を防ぐために

人から人へと

うつさないようにするための

手段です。

 

通勤に電車やバスといった

公共交通機関を利用しないため

在宅勤務にしてください

ということではなく

 

どんな用事の際にも

常に電車やバスといった

公共交通機関を

利用しないでください

という意味。

 

人知れず綺麗になりたいという気持ちが

わからないわけではありませんが

 

必要で急を要する外出なのか?

 

私は飛沫感染の危険が

一番潜んでいる行為だと

思うんです。

 

 

✔施術中の感染

考えたくないけど、

施術中に感染するという危険も。

 

医療従事者が知らず知らずのうちに

感染していることもあるし

 

感染していることに気付いていない

他の患者と待合室で

一緒になることもあります。

 

施術中は施術される側は

マスクをしません。

 

美容整形外科で

キレイになりたいなら

顔へのメス入れが多いでしょうし

 

ボディケアだとしても

医者と数人の看護師に囲まれて

無防備な状態に変わりありません。

 

私は眉とアイラインの

アートメイクしかしたことないですが

ものすごく近い距離で

施術されます。

 

ミリ単位での施術だから

当たり前です。

 

施術する側が

マスクしていても

息遣いがわかるほどに。

 

マスクをすることで

どのくらいの感染予防になるのか?も

明確にはなっていません。

 

ですからマスクをしているから

大丈夫って保証はありません。

 

もちろん病院側だって

万全の体制は取っているとは思いますが

 

どうしたら絶対に感染予防できるか?の

ガイドラインは示されていないので

 

あくまで病院として

万全と考えられることを

しているだけ。

 

つまり、

美容整形外科へ行くことって

感染リスク、高いように感じます。

 

 

✔外出解禁後の人からの目線

包帯やガーゼを外せない

ダウンタイムをやり過ごした後

職場へ出社したとしましょう。

 

絶対に

「顔が変わっている!」

と噂されます。

 

直接言われることはないでしょうけど

「不要不急の外出自粛の中

美容整形外科へ行った非常識な人」

と、ひんしゅくを買うでしょう。

 

私なら間違いなく思いますね。

そして本人に言っちゃうかも。

 

私が高校生の頃

夏休み明けに目元が変わっていた

新人女性教師がいたんです。

 

一重を二重にしたようでしたが

美容整形に全く詳しくない

女子高生たちに気づかれ

大ひんしゅくを買ってました。

 

元々、美人な先生だったので

もっときれいになりたい!と

思ったんでしょうね。

 

やるなら高校に配属になる前に

しておけば良かったのに。

 

夏のボーナス使って

美容整形したのかもしれません。

 

と、かれこれ

30年近く前の話なのですが

 

同性は同性の変化に

目ざとく気づきます。

 

今はもっとぶしつけな

じろじろとした視線を感じ

見破られるでしょう。

 

公共交通機関を使って

感染しないという保証もない場所で

自分が綺麗になりたいというだけのために

美容整形外科へ行った非常識な人

 

会社で仕事するのも

やりにくくなると思いますよ。

 

【結論】コロナウィルスが猛威を振るっている今、キレイになりたい人におすすめの方法

コロナウィルスが猛威を振るっている今、

美容整形をすることに潜む3つの危険とは

✔移動中の飛沫感染

✔施術中の感染

✔外出解禁後の人からの目線

です。

 

むしろリスクしかないと思います。

 

だったらリスクのある

美容整形外科へ行くのではなく

おうちでキレイになるよう

努力をすれば良くないですか?

 

コロナウィルスが猛威を振るっている今、

キレイになりたい人におすすめの方法は

時間をかけて丁寧にスキンケアをする

お家で出来るトレーニングをルーティン化する

メイクの練習をしてみる

など、

おうちでこっそりキレイになる努力をすることです。

 

キレイは努力すれば

作れるもの

 

美容ブログを始めてから

美容に目覚めた私ですが

 

スキンケアアイテムを

色々試していて思うんですよ。

 

スキンケアは

努力を裏切らないなって。

 

ていねいなスキンケアを継続すると

お肌はちゃんと答えてくれます。

 

マジでお肌の調子、

変わっていきます。

 

たしかに整形外科で整形すれば

時間をかけずにキレイにはなれます。

 

しかし、失敗するリスクもあります。

 

また、そのあとのメンテナンスや

維持し続けることが大変と聞きます。

お金もかかりますしね。

 

おうちでキレイになるためには

時間がかかりますが

失敗するリスクは無いし

金銭的な負担も軽いです。

 

おうちでこっそりキレイになりたいなら

せっかく時間のある今、

努力を始めてみることがおすすめです。

 

誰にも迷惑かけないし、

コロナウィルス感染のリスクも

ないですしね。

 

是非、参考にしてください。

 

ではこの記事はこの辺で。

 

運営している美容系レビューブログ「Solo Life Ism」はこちら

※乾燥肌に悩む40代女性向けです

 

 

タイトルとURLをコピーしました