【ビューティー&雑貨&トイプーアイテム レビューブログ】「Solo Life Ism」はここをクリック!!!

インスタグラムのアカウントの種類について(自分に合ったアカウント種別にする)

40代からのインスタ攻略法
スポンサーリンク

 

こんにちは。ソロライフニストまなみです。

ブログとインスタで生計を立てている40代独女です。

 

インスタグラマーとして活動を始めて2年目。現在フォロワーは有難いことに4.2万人を超えました。

インスタグラムについて聞かれることも多くなり、参加費無料のお茶会の開催や、アカウントの診断・運用の仕方を個人的に教えていたりします。

 

お茶会についてはこちら↓

『【10/14(水)14時〜】インスタグラムを無料で学べる!ソロライフスタイルカフェ開催のお知らせ』
●【10/14(水)14時〜参加者募集中】インスタグラムを無料で学べる!ソロライフスタイルカフェ開催のお知らせ    ご訪問頂きありがとうございます。 ソロラ…

 

個別相談はこちら↓

インスタグラマーになりたい方向け「インスタ診断」(スポットコンサル)について
こちらの記事は2020.7月現在、4.2万フォロワー超のソロライフニストまなみによる インスタグラマーとなって活躍したい方向けの初心者向けインスタコンサルのご案内です。 たくさんのあなたのファン(フォロワー)を味...

(インスタグラマーになりたい方向けなので基本スパルタ)

 

 

さて、インスタグラムには、3つのアカウント種別があるのをご存知ですか?

私も3つあることは知っていたんですが、違いがイマイチわかってなくて。

(そんな状態でもインスタグラマーにはなれます)

 

今回、調べてみたのでインスタグラムのアカウントの種類についてご紹介します。

 

インスタグラムのアカウントの種類

インスタグラムには、3つのアカウントの種類(種別)があります。

●個人アカウント

●ビジネスアカウント

●クリエイターアカウント

 

 

●個人アカウント

インスタグラムに登録した時の初期設定アカウントです。

 

自分の写真を投稿したり、他人の写真を見たり、アプリを気軽に利用する一般ユーザー向けのアカウント。

個人用アカウントは自分の投稿についた「いいね!」の数や、コメント数のデータのみ見ることができます。

 

また、個人アカウントの場合、「公開」「非公開」が選べるので、フォロー/フォロワーとしか交流したくない、見られたくないという場合には「非公開」設定にすると良いです。

ただし、プロフィール写真、名前、フォロワー数等のアカウントの一番トップに出る基本情報は表示されます。

 

 

●ビジネスアカウント

ビジネスアカウントは企業向けに作られているアカウント。

主に、会社、お店、事務所等が利用する時に便利です。

 

カテゴリーを選んで、プロフィール上でより分かりやすく自社について説明することができます。

 

ビジネスアカウントを使うと便利なのは、オンラインショップ等で物販をしている場合。

インスタグラムショッピング機能を使って商品を投稿にタグ付けし、投稿からオンラインショップに流すリンクを付けることができます。

 

 

●クリエイターアカウント

インフルエンサ-、起業家、芸能人、モデル等個人で活動している方は、クリエーターアカウントにすることが多いです。

私もそうです。

 

カテゴリーはビジネスアカウントと同じです。(私はブロガーにしてます)

 

クリエイターアカウントの特徴は、ブランドコンテンツを作れること。

ブランドコンテンツというのは、広告主等から報酬をもらって投稿するコンテンツ(タイアップ投稿)のこと。

投稿にスポンサー企業(広告主)をタグ付けして、投稿が広告であることをわかりやすく見せるため(ステマ防止)のものですが、私は使ったことがありません。

 

私はPR案件投稿の時は、企業をタグ付けし、ハッシュタグに「#pr」とつけてますが、このタイプが多いと思います。(タイアップといえるほど大きな案件は無いですしね)

 

ビジネスアカウントまたはクリエイターアカウントにするメリット

ビジネスアカウントまたはクリエイターアカウントにするメリットは、インサイトといって自分のアカウント情報を見ることが出来ること。

 

男女比や国別など自分のアカウント情報が見れるので、インスタグラマーとして活動するなら切り替えたほうが良いですね。

 

フォロワーが100人を超えると個人アカウントから切り替えることが出来るので、自分の用途に合わせて切り替えることがおすすめです。

 

一度切り替えても個人アカウントへ戻すことや、ビジネスアカウント⇔クリエイターアカウントの切り替えも出来ます。

 

ビジネスアカウントまたはクリエイターアカウントにするデメリット

デメリットというほどでもないのですが、フェイスブックページが無いとプロアカウント(ビジネスアカウントまたはクリエイターアカウント)にすることができません

なのでフェイスブックのアカウントも必要になります。

 

個人で仕事をしている場合、フェイスブックのアカウントは持っていると思うのですが、個人アカウントとは別にフェイスブックページが必要になりますので、そこがちょっと面倒かなって思います。

 

フェイスブックページ自体は簡単に作れるので大丈夫です。

(フェイスブックページを運用していくならカスタマイズが必要になりますが、私は積極的に運用していないのでここでは割愛します)

 

アカウントの切り替え方法

アカウントの切り替え方法は、「設定」から簡単に切り替えることができます

 

インスタグラムの画面右上にある「三」をタップー「設定」をタップー「アカウント」をタップすると、画面の下の方に

・ビジネスアカウントに切り替える

・クリエイターアカウントに切り替える

という表示があるので、タップするだけ。

 

その後、表示される指示に従って、必要になる情報を入力したり、フェイスブックページを作ったりします。

 

まとめ

インスタグラムのアカウントについてご紹介しました。

 

インスタグラマーとして活動するならクリエイターアカウントに。

オンラインショップを運営している(運営していきたい)なら、ビジネスアカウントを使うと便利です。

インスタグラムをお仕事に使うつもりはなく、趣味として楽しみたいだけなら、個人アカウントでOK!

 

 

参考にしてくださいね!

ではこの記事はこの辺で。

 

 

タイトルとURLをコピーしました