【お知らせ】今週の活動のお知らせはここをクリック!

【iPhone6S→iPhoneSE(第2世代)の機種変更失敗談】iOSダウンロード&インストールができない!初期設定時の注意点

レポート
スポンサーリンク

 

こんにちは。ソロライフニストまなみです。

先日、iPhone6SからiPhoneSEに機種変更した私。

 

iPhone6SからiPhoneSEに機種変更した際の初期設定がめっちゃ大変でした。

 

そこでこちらの記事では、

iPhone6S→iPhoneSE(第2世代)の機種変更の失敗談として

●iOSダウンロード&インストールができない!理由

●初期設定時の注意点

などをご紹介します。

 

とはいえ、失敗ばっかりしている話な上、出来ていて不思議という話も多いので、参考になるかわかりませんが。

機種変更を考えている方は、参考までに一読してもらえると良いかと思います。

 

iPhoneSEの購入手段

 

私がiPhoneSEを購入したのは、アップルのWebサイトから。

工場出荷状態で届きました。

 

キャリア契約している場合は、各ショップでそこそこ設定をしてくれるらしいので、アップルのWebショップで購入した方にとって参考になる話になってます。

 

iPhoneSEを購入した際の付属品

 

iPhoneSEの付属品は、充電ケーブルのみ

充電アダプターやイヤホンは別売りになってます。

 

なので、初めてのiPhoneがiPhoneSE(第二世代)の場合、充電ができません。

(かなり不親切ですよね)

 

ちなみにiPhone6Sで使っている充電ケーブルとアダプターで充電できるので、私は困りませんでしたけどね。

 

 

iPhone6SからiPhoneSEへ機種変更した際に必要になる作業

 

iPhone6SからiPhoneSEへ機種変更した際に必要になる作業は以下の3つ

●iPhoneSEへiOSをインストール

●iPhoneSEへiOSをダウンロード

●iPhone6Sの設定をiPhoneSEへコピー

になります。

 

しかし、私はiPhoneSEへiOSをインストールすることができず、大変苦労したんです。

 

iPhoneSEへiOSをインストールできない!理由

私がiPhoneSEへiOSをインストールすることができなかった理由は、我が家のWi-Fiが脆弱すぎたことが原因です。

 

電源を入れるとチュートリアルが流れていくので、それに従っていくと『今まで使っていたiPhone設定をコピーする』という指示がされます。

旧iPhoneを新iPhoneの横に置いておくだけで、Wi-Fiでコピーできるのですが、ここが注意点。

 

Wi-Fiが脆弱だとコピーできないみたいなんです。

ここがうまくいかなかったこと。

 

我が家のWi-Fiは、懐かしのADSLから無線ルーターをつないで家中に飛ばしているので、めっちゃ弱いんです。

 

弱さに気づいていたものの、そんなに影響ないでしょ~と軽く考え、設定コピーを選択してからiOSをダウンロード&インストールしようとすると・・・

 

ダウンロードは出来てたっぽいものの、40時間以上繋いでいたのに、iOS14.2のインストールが終わりませんでした!

ほぼ二日ですよ、二日!

 

ずーっと『インストールを準備中』で画面が進まなくなり、固まってはいないものの、ホームボタンを押してもホーム画面に切り替えることができませんでした。

 

ホームボタンを押すと、『Wi-Fiを切り替える』『アクティビティを見る』「iPhoneを初期化する』といった選択肢しか指定できませんでした。

(スクショしてないのでうろ覚えですが)

 

iPhoneSEへiOSをインストールすることができない!私がしたこと

ローソンへ行った

iPhoneSEへiOSをインストールすることができない理由がWi-Fiが弱いことなら、Wi-Fiが強い場所でやればいいはず!と近所のローソンへ行きました。

で、フリーWi-Fiを使ってダウンロード&インストールを試みました。

 

がしかし!

これも所要時間がわかるわけじゃない。

40分くらいローソンでうろうろして、それでもできず、超怪しかったはずです。

 

iPhoneSEの電源を落とした

そこで、意を決してローソンの中で、iPhoneSEの電源を落としました。

インストール中に強制終了すると、iPhoneが壊れると誰かのブログに書かれていましたが、このままじゃ拉致があかないし。

なので思いきって電源を落としました。

(壊れたら壊れたでアップルショップへ行けばいい、と考えました)

 

再起動してみた

ローソンの中で再起動してみると、また旧iPhoneの設定コピーを促す画面が出てきました。

が、ここをスキップしました。

 

すると普通に、ホーム画面になったんです。

「あれ?」と拍子抜けでしたよ。

(ローソン内でズッコケそうになりました)

 

iOSはインストールされていたものの、最新じゃない

再起動した際、iOSのインストールは出来ていたのですが、バージョンがなぜか13.7。

現在の最新版である14.2をインストールする、と表示されていたはずなのに、インストールされたのは13.7だったんです。

 

で、ソフトウェア・アップロードに14.2がダウンロードされた状態。

なんだか不思議でした。

 

私のiPhoneSE 現在の状態

 

結局、旧iPhoneから新iPhoneへの設定コピーができなかったので、ひとつずつ手動でやってます。

 

ロック画面の解除コードの不思議①

なぜかロック画面の解除だけは、旧iPhoneと同じパスワードが使えるようになっており。

新iPhone側で新たに設定した覚えはないんですけどね。

ロック画面の解除コードだけ、旧iPhoneの設定がコピーされていて不思議。

 

ロック画面の解除コードの不思議②

今回、同時に3台(家族の分)を購入したのですが、なぜか私のだけ旧iPhoneと同じロック解除に必要なパスワードは4桁。

残り2台は6桁になってます。

これまた不思議。

 

残り2台の状態

残り2台も私がセッティングしてますが、

●旧iPhoneから設定コピーを選ぶとインストールが終わらない

→強制終了し、設定コピーをスキップ。

私と同じく、ロック画面の解除コードは旧iPhoneと同じになってました。

iOSも私と同じく13.7がインストールされたので、夜中にアップデートして14.2になりました。

 

●旧iPhoneが無く、新規の場合には問題なくインストールが出来た

 

工場出荷状態の空っぽ新iPhoneに機種変更するのは、機械音痴にはかなり難しいと思われます。

 

iPhone6SからiPhoneSEに機種変更する際の注意点

(ド深夜にブログ書いてることがバレますね)

 

今回、苦労した私から注意点をアドバイスするなら以下の4つ

 

1)Wi-Fiを確認すること

利用するWi-Fiが脆弱なら、旧iPhoneの設定コピーはあきらめた方がよいです。

無線ではなく、専用アダプターを使えば有線でコピーすることも可能なようなので、設定をコピーしたい場合には、専用アダプターを購入し、有線で設定をコピーする方法を検討した方が良いかと思います

でないと、なかなか新iPhoneを使えるようになりませんから。

 

2)設定をコピーできない場合にもメリットがあると考える

アプリのダウンロード、パスワードなど新規にやらないといけません。

が、使っていないアプリの断捨離になったので、これはメリットでした。

おかげでホーム画面がすっきりしました。

 

3)写真データをicloudに格納するのは必要に応じて

私はicloudの有料コースを利用していないので、ほとんどの写真を新iPhoneへ移すことができませんでした。

が、これもアプリの断捨離と同じく、必要な写真だけAirDropで送ればよいかと。

今回、写真もだいぶ断捨離出来ましたので、ここも良かった点です。

 

4)Lineのトーク履歴コピーには注意が必要

Lineのトーク履歴のバックアップをicloudに格納することができます。

しかし、旧iPhoneと新iPhoneでiOSのバージョンが同じでないと、新iPhoneへ取り込むことができません。

 

私は旧iPhoneが14.2、新iPhoneが13.7のため失敗してしまい、トーク履歴をすべて失ってしまいました。

もう一台の家族の分は、夜中にアップデートさせて14.2にそろえてから行いましたので、こちらは問題なくトーク履歴を移すことができました。

 

トーク履歴のバックアップを取る際には、iOSのバージョンが同じになっているか確認しましょう。

 

まとめ

iPhone6SからiPhoneSEへ機種変更した際のお話をご紹介しました。

失敗話と不思議な話で構成されているので、参考になるかわかりませんけどね。

 

まだ通話設定、独自ドメイン設定などできてないこともあるのですが、新しいiPhoneを手にすると苦労したし、イライラした気持ちを思い出すけど、ワクワクする気持ちもあり。

ちょっと複雑な気分。

 

ですが、インスタグラマーとしてはやっと新しいiPhoneにしたので今後は写真を撮ることが楽しみ。

 

写真の解像度は比べ物にならないほどキレイです。

来年はYouTubeにも参入したいしね。

 

ちなみに旧iPhoneを下取りに出すと、新iPhoneの代金が割引になります。

が、14日以内に返送しないといけません。

 

設定に時間かかりそうだし、と下取りには出しませんでしたが、まんまと時間がかかっているので大正解でした。

 

それに、スマホ1台で仕事をするインスタグラマーは、スマホ複数台持ちって当たり前なんだそうです。

 

そりゃそうですよね。

インスタはスマホがなきゃお仕事できませんから。

 

なので、iPhone6Sはバックアップ用として手元に残すことにしました。

(電池交換はしなきゃですけどね)

 

 

ではこの記事はこの辺で。

思い出した話があれば追記しますね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました