【お知らせ】今週の活動のお知らせはここをクリック!

【新型コロナワクチン】優先摂取の対象となる14の基礎疾患を調べてみた

40代独女のソロライフハック
スポンサーリンク

 

こんにちは。ソロライフニストまなみです。

 

いまだに収束をみない新型コロナウィルス感染。

1月20日に新型コロナワクチン接種について、厚生労働大臣から発表がありました。

 

新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、田村厚生労働大臣はアメリカの製薬大手ファイザーとの間で年内に7200万人分にあたるおよそ1億4400万回分の供給を受ける契約を正式に結んだと発表しました。

新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、政府はこれまでにアメリカの製薬大手ファイザーとことし6月末までに6000万人分にあたる、1億2000万回分の供給を受けることで基本合意していて、先月、ファイザーは日本国内での使用に向け承認を求める申請を行っています。

田村厚生労働大臣は20日夜、記者団に対し、ファイザーとの間でワクチンが承認されることを前提に年内に7200万人分にあたるおよそ1億4400万回分の供給を受ける契約を正式に結んだと発表しました。

そのうえで「円滑なワクチンの提供に向けて引き続き連携して取り組んでいく。ことし前半までに、なるべく多くの人が接種できるよう供給をお願いしていく」と述べました。

NHKサイト特設サイトより

 

また、接種の対象や、受ける際の接種順位は、

(1)医療従事者等
(2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
(3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
(4)それ以外の方

なお、妊婦を優先するかどうかや、子どもが接種の対象となるかどうかなどは、安全性や有効性の情報などを見ながら検討されます。

(厚生労働省「新型コロナワクチン優先接種についての検討案」より)

 

となっているので、私たちの順番まではまだまだ遠いのですが、

 

基礎疾患って何だか知ってますか?

 

当然、患っている方は知っているんでしょうけど、ニュースなんかでは「心臓病や腎臓病などの基礎疾患」とまとめて説明されているので、私は知りませんでした。

 

そこで、新型コロナワクチン優先摂取に該当する14の基礎疾患は何なのか?調べてみました。

 

新型コロナワクチン優先接種に該当する14の疾患

1)以下の病気や状態の方で、通院/入院している方

1. 慢性の呼吸器の病気
2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
3. 慢性の腎臓病
4. 慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く。)
5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
11. 染色体異常
12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
13. 睡眠時無呼吸症候群

2)基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方
*BMI30の目安:身長170cmで体重約87kg、身長160cmで体重約77kg。

(厚生労働省「新型コロナワクチン優先接種についての検討案」より)

 

だそうです。

 

1.はわかるけど、2.の肥満もそうなの???

ちょっと驚きました・・・

 

どうやら、肥満者は感染しやすく 死亡リスクも1.5倍らしいんです。

新型コロナウイルス感染症に対する肥満のリスクが改めて浮き彫りになってきた。米大が世界約40万人の患者を調べたところ、肥満でない人に比べて感染するリスクが約1.5倍、重症化リスクは約1.7倍、死亡リスクは約1.5倍それぞれ高かった。

 

欧米人に比べて東洋人の重傷者や死亡者が少ないのは、肥満が少ないからとも考えられているんだとか。

 

英国公衆衛生庁(PHE)は7月に、COVID-19に感染すると、体格指数(BMI)が35~40の肥満の人は、そうでない人に比べ、死亡する可能性が40%増加すると発表した。
BMIが40を超えると、リスクは90%増加するという。

(保健指導リソースガイド 2020年10月27日「【新型コロナ】なぜ肥満と高齢の人は重症化しやすい? いま求められている対策は何か?」より)

 

ではなぜ肥満の人は重症化しやすいのでしょうか?

 

なぜ肥満の人は重症化しやすい?

感染症になると、炎症性サイトカインの分泌が増え、ストレスによるインスリン拮抗ホルモンの分泌も増加し、血糖を下げるインスリンが効きにくくなるインスリン抵抗性になり、血中のインスリンのレベルが高くなりやすくなる。
肥満自体もインスリン抵抗性を引き起こす原因であり、肺を直接保護するアディポネクチンと呼ばれる分子の減少など、さまざまな代謝異常に関連している。
インスリン抵抗性や炎症などの代謝性の疾患は、感染症への耐性を低下させ、体がウイルスと戦うのを難しくしてしまう。
「肥満の人では血糖値が慢性的に高くなっていることも多く、これが免疫細胞の機能を損なうことがあります。
さらに、肥満は心臓や呼吸器、腎臓などの臓器への負担も重くします」と、ケンブリッジ大学医学研究審議会の代謝性疾患ユニットのディレクターであるスティーブン オラヒリー氏は言う。
「肥満のある人は、食事や運動などの生活スタイルを見直し、医師や栄養士とも相談し、肥満の改善に取り組むべきです」としている。

(保健指導リソースガイド 2020年10月27日「【新型コロナ】なぜ肥満と高齢の人は重症化しやすい? いま求められている対策は何か?」より)

 

 

太っているというのは、不健康の証。

病気へのリスクが高まるだけで、新型コロナウィルスについても同じだよってことみたいです。

つまり、肥満の人は痩せろ、と。

 

また現在は肥満でなくても、長引く自粛生活により肥満になる恐れがある、というケースもあります。

私を含め、むしろこっちの方が多い気がします。

 

外出自粛生活においても、正しい食生活や適度な運動を心がけましょう、ということみたいです。

 

ま、それが簡単に出来れば、世の中からデブはいなくなるし、様々なダイエット法が流行ることもないんでしょうけどね~。。。

 

まとめ

新型コロナワクチンについて、優先摂取の対象となる14の基礎疾患についてご紹介しました。

病気は治すことができませんが、肥満は自己責任。なんとかしましょう。

 

今、肥満じゃない方は肥満にならないように。

私は軽肥満なので、食生活はまだまだだけど、軽い運動はするようにしてます。

おかげで毎日筋肉痛(笑)これからも無理のない範囲で継続していくつもりです。

 

また、いないとは思いますが、早くワクチンを摂取したいがために太るとかっていう姑息な真似はなさいませんように。

新型コロナウィルス以外の病気になるリスクが上がるだけですからね。

 

ではこの記事はこの辺で。

 

おまけ:ダイエットにおすすめ!のアイテム3選

私が実際試したところ、体重が減ったアイテムたちです。

大幅ダイエットをするなら4か月~半年は継続する必要がありますが、ダイエットには時間がかかるのは当たり前。

それならおいしくダイエットしたい!ということで、おいしいから続けられるものをご紹介してます。

 

●食事と置き換えるだけ!の簡単ダイエットドリンクレビュー

 

●寝る前に飲むだけ!の簡単ダイエットティーレビュー

 

 

タイトルとURLをコピーしました