【お知らせ】今週の活動のお知らせはここをクリック!

【誕生日にホテルステイ】ペニンシュラ東京宿泊レポート|お得に泊まる方法もアリ

レポート
スポンサーリンク

11月10日はわたしの誕生日。

たまにはオトナのぜいたくをしようということで、今年は有楽町にあるペニンシュラ東京に親友と宿泊しました。(48歳は充分オトナですがね)

 

そこでこちらの記事では、

●ペニンシュラ東京宿泊レポート

●ペニンシュラ東京にお得に泊まる方法

を教えちゃいます。

ペニンシュラ東京に泊まってみたいなって思っている方は参考にしてください。

 

ペニンシュラ東京|フロント

フロントは、ザ・ロビーの奥に隠れるようにしてあります。

15時のチェックイン時は集中するので、距離を取って並ぶことになります。

ちょっと時間をずらした方が良いかも。

 

ちなみに今は、チェックインする人は代表者1名のみと言われます。

ふたりで受け付けしてもらってたカップルもいたので、絶対ではないのかもしれませんが、私たちはそう言われました。

 

 

ルームキー2つ、ホテル内の案内を見ることができるQRコード一覧表など渡されます。

 

ペニンシュラ東京|エレベーター

宿泊用のエレベーターは、フロントの右側にあります。

これはチェックインしないと見れない場所。

 

エレベーターに乗った際、ルームキーをかざすことで階数ボタンを押すことができます。

 

わたしたちが乗った時は、自分たちしか乗ってなかったので、複数組で乗った際には、都度かざすことが必要なのか?はわかりません。(フロントで聞いてみてください)

 

ペニンシュラ東京|豪華な部屋(プレミアツイン)

今回、わたしたちが宿泊したのは『プレミアムツイン』というお部屋。

 

 

かなりゆったりとしたお部屋で、めっちゃくつろげました。

なのに最初は、ふたりして狭い窓際のテーブルのところにいたってゆー(笑)

 

広すぎるお部屋を上手に使えないことに笑ってしまいました。

 

 

窓は全自動でカーテンとブラインドを閉めることができます。

一度押して、再度押すと途中で止めることができるので便利です。

 

↓左側にもコンセントがあり、スマホの充電とかできます

 

ちなみに部屋はすごく暗い。

すべての電気をつけても部屋が暗い。

 

ので、パソコン作業などは上記写真の壁側デスクを使うことになりそうです。

 

ペニンシュラ東京|ベッド

ふっかふかのベッド。

掛け布団も枕もふっかふか。

埋もれるようにして私は熟睡できました。

 

 

が、親友はおぼれる感覚があったらしい。

なのでやわらかいベッドに慣れていない人は、ちょっと寝づらいかもしれません。

 

また、少し高さがあるので落ちたらケガしそう。

広いのでまずないとは思いますが、寝相が極端に悪い人は要注意です。

 

ペニンシュラ東京|バスルーム

 

シャワー室とバスタブが別になってて、こちらも広い空間。

 

 

シンクも2台あり、テレビもあってくつろげます。

 

 

ただ、シャワー室の扉をきちんと閉めていても、段差がないため少しお湯が外にもれます。

 

↓足元が写ってないですね

 

また、バスタブがかなり広めなため、小柄な人は背もたれに寄りかかりながら足を伸ばして入ると滑っておぼれかけます。

 

 

バスタブの手前に手すりがあるので掴まって入れば大丈夫です。

(写真にはこれまた写ってないですね)

 

バスルームは、ムードライトにも切り替えられるみたいですが、今回はしませんでした。

(オンナふたりでの宿泊だったしね)

 

ペニンシュラ東京|ドレッシングルーム

ドレッサー付きのドレッシングルーム。

 

 

ハンガーラックにはたくさんのハンガーがかかっているし、引き出しもいっぱいあるので長期滞在者にはうれしい作り。

私はインスタ撮影用に衣装をいっぱい持って行ってたので、スーツケースや靴も置いてました。

 

また、ドレッシングルームは、外の壁から扉がついているので新聞が届きます。

新聞が届いているか?はランプがつくことでわかるようになってます。

内扉を開けると新聞が置かれていました。

 

ペニンシュラ東京|アメニティー

バスルームには、ペニンシュラ東京オリジナルの香りのよいアルミパッケージ製のバスグッズや、環境にやさしい木でできた歯ブラシやブラシが置いてありました。

 

 

部屋にはコーヒーメーカーがあり、おいしいコーヒーをいただくことができます。

 

↓買ってきたケーキにあわせてコーヒーをいれました

 

2名部屋なのにコーヒーカートリッジが3つということに違和感はありましたが、お願いすれば追加してもらえます。

 

ペニンシュラ東京|サービス

夕食を食べていた時、ハウスキーピングが入り、ごみを片付けてくれました。

 

ベッドの用意もしてくれるといわれましたが、ご飯中にホコリが立つことと、まだ写真を撮りたかたこともありそこはお断りしましたが、旅館っぽいなと。

 

眼鏡をダイニングテーブルにおいていたところ、オリジナルの眼鏡拭きをいただきました。

そろそろ新しいものが欲しいと思ってたところだったので助かりました。

 

 

その他お願いしたいことがあれば、スマホでQRコードを読み込んでチャットでお願いすることができます。

わざわざフロント等に電話をしなくても済む、というのはいいですね。

 

ペニンシュラ東京|お得に泊まる方法

 

今回、ペニンシュラ東京への宿泊は、『一休.com』を利用しました。

 

一休.comで行われているタイムセールでは、正規料金よりお安いプランが色々あり、かなりお得な値段で宿泊することができます。

 

わたしたちが利用したのは、『【ラッキーデイズ 4日間限定】最長30時間ステイ!21時のチェックアウト&1万円ホテルクレジット付き』というプラン。

お値段はふたりで35,436円(税込)でした。

 

30時間ステイできて、しかも1万円のホテルクレジット付きでひとり17,718円(税込)!

15時過ぎにチェックインして、翌日の20時30分までしっかり滞在してきました。

 

1万円のホテルクレジットは、スパなどホテルの施設利用料にもできますが、わたしたちは朝食のルームサービスにしました。

 

ザ・ペニンシュラブレックファストを頼んだので少し足が出ました(たしか6,000円台だった)が、ひとり2,000円しない程度で豪華な朝食をいただけたのはお得でしたね。

 

↓こちらが朝食

 

定期的にタイムセールをしているので、ぜいたくなホテルライクをお得に体験したい方は『一休.com』をチェックしてみてくださいね。

>>【一休.com】開催中のタイムセールを見てみる(公式サイトへ)

 

 

PS.

インスタに載せることばかり考えて写真を撮ってきたので、ブログ用の写真がない!

いざ記事を書いてみたら、写真が足りな―い!ことに気づきました。(すみません)

撮影用にリベンジに行きたーい!てか、行く!

 

 

タイトルとURLをコピーしました